【警告】ファリネは効かない?これって嘘?本当?

【警告】ファリネは効かない?これって嘘?本当?

ファリネは効かない?これって嘘?本当?

 

 

ファリネは効かないって嘘?それとも本当?

 

 

ここでは、このことについて解説していきます。

 

 

これまで使っていた制汗剤が、手汗専用のものではなく、全身用の制汗剤だという場合には、ファリネの効果が十分に発揮されないことがあります。

 

 

その理由は、ワキガ用とか全身用には界面活性剤が含まれていることが多く、それは肌への影響が強いため、むしろ雑菌侵入の糸口を作る場合があるのです。

 

 

肌は修復されるまでに3日ほどかかると言われていますので、もしもファリネが効かなかった場合には、3日間くらい肌を休めてから使用してみましょう。

 

 

界面活性剤が入っているものとして、台所用洗剤がよく知られていますね。

 

 

私もそうですが、食器洗いをしていて手が荒れてしまった経験はありませんか?

 

 

確かに洗浄するためには界面活性剤はとても効果がありますが、肌にとってはきつすぎるのです。

 

 

界面活性剤は、台所用洗剤のほかに化粧品やシャンプー、そして先ほども触れましたが、制汗剤にも配合されているんですね。

 

 

ワキガ用や全身用の制汗剤には必ず油分が含まれていて、それを混ぜ合わせるために界面活性剤が必要なのです。

 

 

一方、手には皮脂腺がなく、エクリン汗腺に働きかける成分のみの配合でいいので、ワキガ用などのように色々な成分を入れる必要がないのです。

 

 

そんなことを知る前は、全身用の制汗剤を手に使っていても、何とも思わなのが当たり前かもしれませんね。

 

 

しかしながら皮膚にとって界面活性剤の働きはきつすぎるので、いつの間にかダメージを受けているのです。

 

 

そこにファリネをはたいても、思うような効果が得られないのは明らかです。

 

 

ダメージを受けた状態になっている肌でも、見た目には気付きにくいものなんですね。

 

 

ファリネが効かないと思ったら、何日か間を空けて正常な肌になってから使用するといいでしょう。

 

 

 

止まらない手汗に!【farine(ファリネ)】通販購入はこちら
ファリネ公式通販サイト